生徒語録♪2018年6月

2018年06月30日

レッスンでは生徒によく質問をします。

 『ここはどう弾きたいの?』

 『ここはどんなイメージ?』

 『どんなお話しの場面かな?』

 『どんな色かな?形かな?』

 『クレヨンのピンク?色鉛筆?絵の具かな?』

 『今弾いたのは、イメージしていた通りだったかな?』


本番前のAちゃんのレッスンでもいつものように質問攻めにしたら

レッスンから帰ってお母さんにこう言ったそうです。

『ピアノ(音楽)には、算数の計算問題みたいに決まった答えは無いんだね!』

世の中には答えが決まっている物と、決まっていないものがある。

その晩、Aちゃんとお母さんは

世の中の答えが決まっていないもの探しをしたそうです♪


********


別の日のこと・・・

中学受験を控えているB君が曲の中間部分を指差して

 『ここはね、僕ちゃんとイメージがあるんだよ。

 なんていうのかなぁ・・・空がわぁ~って(広がる)感じ。

 でも最初の部分は全然違う。

 高い崖の上に中国風というか和風かな?そんな建物があって

 もみじとかが周りにあって風で葉っぱが飛んでくるみたいな・・・』


その日のレッスン冒頭で、調や和声について少し話しをしていました。

B君が中間部で空が広がるように感じたのは、

そこで転調したからじゃないかな?

曲の冒頭で東洋的なイメージを持ったのは、

そこで使われている音階のせいじゃないかな?

今は音楽理論の勉強をするには時間が足りないので

受験が終わったら始められると良いね♪

lotus flower
lotus flower
ブログランキング参加中
読んだら↓ポチっ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ